愛らしい、けど!

By doorjak.com /

ペットはそのままの姿が一番愛らしい! 服を着せたり、ましてやペットアクセサリーをつけるなんて……。

そんな風に考えていた時期が、私にもありました。ペットに服を着せたり、ペットアクセサリーをつける飼い主が多くなってきた昨今、我が家の愛犬との散歩中、全身を着飾ったペットと誇らしげな飼い主を見かける度に、悲しい気持ちになっていたものです。

ペットと人とでは、美観のセンスが異なります。人間的に言えば、動物のほとんどは「裸」でいることが当然なのです。人間は、裸でいることが恥ずかしいという社会的習性を持っていますし、それを覆い隠す服という文化を発展させてきました。だから、服で着飾る、アクセサリーで彩るといったことを肯定的に見る目が育っていますが、ペットにまでそれを押し付けるのはどうなのだろう?
言葉が通じないのを良い事に、センスの押し付けになっているのではないか……。そういう考えが、私の中には根強くあったのです。だから我が家の愛犬にも、雨の日の散歩のときに犬用の合羽を着せることくらいはありましたが、服やアクセサリーはつけないようにしていました。

でも……この前、ペットショップに行ったとき。数々のペットアクセサリーに、つい圧倒されてしまいました! こ、これは可愛い! 確かに、ペットショップで売っているペットアクセサリーを、ただでさえ愛らしいペットたちにつけてあげたら、その魅力が何十倍、いえ何百倍にもなるだろうと思えたのです。
着飾ってあげたくなる飼い主の気持ちが、ここにきてようやくわかりました……。

でも、そこで私は、迷ったのです。ペットショップでペットアクセサリーを飼って、愛犬につけてあげるべきか。
それとも、今までどおり、動物としてのそのままの愛らしさを邪魔しないようにすべきか……。

ペットアクセサリー売り場の前で、ああでもないこうでもないと迷っていると、そこでペットショップの店員の方に、声をかけられたのです。